凝りやすい部分を温めたりマッサージすればきっと和らぎます。


頭痛は接骨院で色々な方向にストレッチをして貰えば治るかも?

「僧帽筋」というのは、他の筋肉と違い、とても薄く、頭についているところは「赤身」(赤筋)が少なくて、筋肉の膜が張っている感じです。
また、板状筋とその下にある頭半棘筋も、頭蓋骨にくっつくところでは、やはり薄くなっています。つまり、するめみたいに薄くして張っているようなイメージです。
この部分の筋肉は緊張しやすいので、何かにつけて血液の流れが悪くなり、痛みやこりを起こしやすいのです。

この他、同じように薄い筋肉で「側頭筋」というこめかみのところに張っている筋肉があります。これもまた緊張を起こしやすい筋肉です。
ですから、この筋緊張性頭痛は、肩こりと同じように、後ろ頭や頭の脇が「重い」「突っ張っている」「押されるような感じ」「帽子をかぶっている感じ(被帽感)」などと表現されることが多いです。

なかには「孫悟空の輪っかをはめられているようだ」とおっしゃる方もいます。頚椎と「筋緊張性頭痛」の関係とは?
頚椎(首)の後ろの部分にある筋肉は、後ろ頭と頚椎の間に弓の弦のように張っています。もし、左のレントゲン写真のように頚椎を前に曲げますと、頚椎の後ろ、とくに第7頚椎から張っている筋肉が、伸ばされるのがイメージできると思います。
歳をとったからだとあきらめていた膝の痛みですが、三鷹 整体でみてもらうようになって、すごく楽になりました。効果がよくわからないサプリメントを買うお金があったら、先生にお願いしてみるべきですね。
毎日の育児と家事で、肩も腰もぼろぼろでした。子供も抱っこすることができなくなり、高円寺 整体で治療してもらうことに。徐々にですが楽になり、今では身体を動かすのが楽になってきました。


新着情報
2015/01/07 注目情報を更新しました。
2015/01/03 新着記事を更新しました。
2015/01/02 オートフォーカスを更新しました。
2014/12/30 日本人の失明の原因を更新しました。
2014/12/28 目を使った作業を更新しました。
2014/12/26 神経の無用な緊張を更新しました。
2014/12/25 頭痛は接骨院で色々な方向にストレッチをして貰えば治るかも?を更新しました。
2014/12/22 ホームページをリニューアルしました。

今得サイト
接骨院・整骨院ナビ(骨ナビ)新越谷整骨院ながい接骨院
全国の接骨院の中から地域別に探すことのできる便利なサイトです。新越谷整骨院で健康を取り戻し楽しい毎日を送ってください。私たちが、お手伝いをさせていただきます。東京都目黒区にある接骨院です。中目黒駅から徒歩3分の便利な場所にあります。